蝶と虫たち

美しい蝶や変わった虫などを紹介して いきます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

放蝶された アカボシゴマダラ

奄美大島地方に生息している蝶ですが神奈川県東部に放蝶された個体が
繁殖して生活する範囲を伸ばしています

20060820191412.jpg

放蝶された個体は中国産の亜種だそうです

20060820191529.jpg

この夏型に比べて春型は赤色が薄いそうです

20060820191820.jpg

この日は2個体を見る事が出来ましたが撮影できたのはこの翅が損傷している個体のみでした

20060820191959.jpg

もう少し奇麗な個体に会いたかったのですが 小雨交じりの天候だったので
蝶の行動が不活発のようで 余り姿が見れませんでした

20060820192351.jpg

ゴマダラチョウに似て口吻(ストロー状の口)がレモンイエローです

20060820192812.jpg

バックが良くないですが飛翔です

20060820193051.jpg

20060820193140.jpg

初めて見た蝶ですが 余り感動しなかったのは放蝶された種類だと知っていたからかもしれません

20060820193413.jpg


06'8/16撮影 (デジ眼)D70 タムロン 70-300mm F4-5.6 LD MACRO
スポンサーサイト
  1. 2006/08/20(日) 19:08:46|
  2. [蝶] [タテハチョウ科] アカボシゴマダラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

変わり種の蜘蛛 オオトリノフンダマシ

最初に近づいて見た時は少し驚きました 大きな目が・・
ジッとしていて何者か判らず一寸不気味な印象でした

20060821005858.jpg

姿も変わっていますが名前もかなり変わっていて「オオトリノフンダマシ」
蜘蛛とは思えない命名です

20060821010047.jpg

コガネグモの仲間で大きさは♀で12~13mmだそうです
♂はもっと小さく2mmぐらいとの事 見つけるのは難しそうです

20060821010402.jpg

歩いている時は蜘蛛と判りますね

20060821010549.jpg

日中は葉陰でジッと休んでいて夜に網を張るそうです

20060821010808.jpg

蝶の仲間には目玉模様を持つ種類が多いのですが蜘蛛では初めて見ました

20060821011038.jpg

20060821011139.jpg

見ようによっては目玉の大きなカマキリにも見えます

20060821011329.jpg

20060821011406.jpg


06'8/11撮影 (デジ眼)D70 タムロン 70-300mm F4-5.6 LD MACRO
  1. 2006/08/19(土) 23:49:30|
  2. [蜘蛛] [コガネグモ科] オオトリノフンダマシ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鮮やかな黄色 キチョウ飛翔

良く見かけるキチョウですが今回は飛んでいる所を集中的にとって見ました

20060813221324.jpg

吸水する場所は広いのに なぜか一ヶ所に集まってきます
同じ場所でもミネラルの質が違うようです 

20060813221727.jpg

小枝に腐りかけた木の皮などが有る所が好きなようです

20060813222015.jpg

「ちょっと ごめんね~」とでも言っているように割り込んでくる個体も・・

20060813222221.jpg

此処では12~3頭のキチョウが2ヶ所ぐらいにに分かれて吸水していました

20060813222402.jpg

狭い所に6頭ぐらいが有り重なるように集まると 散らばってしまい
吸水している個体がいると集まってきます

20060813222942.jpg

20060813223036.jpg

20060813223127.jpg

吸水はこんな風に集まってしています

20060813223349.jpg

6頭いる所にまた1頭飛んできました

20060813223526.jpg

1頭飛んできて割り込もうとしたため殆どが飛び立ってキチョウの乱舞が始まりました
20060813224007.jpg

20060813224036.jpg

20060813224116.jpg


06'8/6撮影 (デジ眼)D70 タムロン 70-300mm F4-5.6 LD MACRO
  1. 2006/08/10(木) 22:41:47|
  2. [蝶] [シロチョウ科] キチョウ飛翔
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

スジグロシロチョウ 飛翔

スジグロシロチョウも今の時期は少し標高の高い所で良く見かけます
以前は平地でも良く見たのですが暑いので移動しているようです

20060810192742.jpg

山道で休憩中に何処に留まろうかと行ったり来たりしていたので狙ってみました

20060810193129.jpg

20060810193210.jpg

翅の表面は春先よりは色合いが濃くなっています

20060810193554.jpg

20060810193747.jpg


06'8/6撮影 (デジ眼)D70 タムロン 70-300mm F4-5.6 LD MACRO
  1. 2006/08/09(水) 19:21:30|
  2. [蝶] [シロチョウ科] スジグロシロチョウ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カラスアゲハ 飛翔

長雨の影響でカラスアゲハ類の吸水に集まる個体も例年より少ないです
この日は新生個体1頭と翅がボロボロになった個体2頭が吸水していました

20060809113727.jpg

山の湧き水が山道に流れている場所ですが 大まかですが好きな場所があるようで
私がジッとしていると逃げても又戻ってきます

20060809114007.jpg

20060809114105.jpg

飛んでいる時は翅の色合いが微妙に変化してとても美しく感じます

20060809114313.jpg

20060809114409.jpg

後翅の美しさは格別です 新生個体なので美しさが一際際だちます

20060809115233.jpg

長く生きた2頭は日陰で吸水していて 新生個体だけが日向で吸水していました
新生個体の方がやはり元気一杯のようです

20060809120001.jpg

余り近くに飛んでこられるとファインダーに入れるのに一苦労です

20060809120145.jpg

右側が新生個体です 長生きしている個体の近くに飛んでいって
仲良く吸水していました

20060809120423.jpg

モデルになった新生個体です

20060809120538.jpg


06'8/6撮影 (デジ眼)D70 タムロン 70-300mm F4-5.6 LD MACRO
  1. 2006/08/08(火) 11:32:50|
  2. [蝶] [アゲハチョウ科] カラスアゲハ飛翔
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

沢山いました スジボソヤマキチョウ

スジボソヤマキチョウに以前出会った山中湖周辺に遠征してきました
低山の入り口で早速オカトラノオで級蜜中の個体と対面

20060807234509.jpg

今回はノンビリしていてくれたので隅々まで観察しながら撮る事ができました
山の中で虻に襲われていたスジボソヤマキチョウの♀を見かけました
虻に掴まってジタバタしていたので帽子で軽くたたいたら元気に飛んで逃げていきました
写真は撮れませんでしたが 白い翅の表面が見れたので良しとしました

20060807234651.jpg

以前撮影した別荘地をゆっくり走っていたら小さな花壇で吸蜜中の2頭を見つけました
カンカン照りの中ですが夢中になって吸蜜しています

20060807235017.jpg

2頭で仲良く吸蜜中です
右側は移動時に翅の黄色い表面が見れ他ので♂です
左側の個体は色合いと虫食い状の紋も薄いので♀だと思います

20060807235424.jpg

♀と思われる個体のUPです

20060808000000.jpg

♂の個体です 余りノンビリしているので手で捕まえてみました
簡単に掴めましたが足を縮めてジッとしているので可哀想になり直ぐに花に戻してあげたら
何事もなかったように同じ花で吸蜜を始めました

20060808000614.jpg

もう1頭現れて3頭で吸蜜していましたが争うこと無くノンビリした雰囲気でした

20060808001448.jpg

翅を目一杯高く上げて葉っぱに見せているようです
葉の上なら見間違います

20060808002807.jpg


06'8/4撮影 (デジ眼)D70 タムロン 70-300mm F4-5.6 LD MACRO
  1. 2006/08/07(月) 23:35:55|
  2. [蝶] [シロチョウ科] スジボソヤマキチョウ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゴマダラチョウ 飛翔

数本有るクヌギの周りで占有行動のため飛んでいる所を撮ってみました

20060806210856.jpg

飛翔を狙う時はAFで撮影しています
MFで撮影するより歩留まりが高いです

20060806211451.jpg

飛翔写真墓なりの種類を撮りましたが皆触角をピンと伸ばしています

20060806211939.jpg


7/30撮影 (デジ眼)D70 タムロン 70-300mm F4-5.6 LD MACRO
  1. 2006/08/06(日) 21:20:14|
  2. [蝶] [タテハチョウ科] ゴマダラチョウ飛翔
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

顔のお手入れ ムラサキシジミ

正面顔を撮っていたら 前足で顔の手入れを始めました
普段見ていると首は余り曲がらないのかと思っていたのですが
こんなに曲がるとは 一寸した驚きです

20060805180639.jpg

足を2本上げて これで右足を脇に付ければ土俵入りです(^o^)

20060805181049.jpg

前足2本を交差させて 一寸色っぽいポーズかな?

20060805181346.jpg

頭を傾げただけですが見慣れたムラサキシジミとはとても思えません

20060805181700.jpg

顔と触覚を手入れしている所を連写したので思わぬポーズが撮れました

20060805181958.jpg

手入れが終わって 普段見る正面顔です

20060805182108.jpg

お手入れ行動の前に横から撮った写真です

20060805182435.jpg


06'7/28撮影 (デジ眼)D70 タムロン 70-300mm F4-5.6 LD MACRO
  1. 2006/08/05(土) 18:25:29|
  2. [おもしろ写真] [蝶] ムラサキシジミ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

黒と黄色の ヒメコブオトシブミ

体長5~7mmの小さなオトシブミです
虫は曇り空の時の方が活発に動き回ります 動かなければ判らなかったでしょう

20060805140821.jpg

背中にこぶがあるのが名前の由来です

20060805141532.jpg

オトシブミの仲間の中では首が短いそうです

20060805141926.jpg

後ろ足の真ん中辺が黒いのがヒメコブオトシブミの特徴です
似た色合いでヒメクロオトシブミがいますが背中にこびがないのと
後ろ足に黒い部分がないので見極められます

20060805142140.jpg


06'7/24撮影 (デジ眼)D70 タムロン 70-300mm F4-5.6 LD MACRO
  1. 2006/08/04(金) 14:03:12|
  2. [甲虫目] [オトシブミ科] ヒメコブオトシブミ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

黄金色にも見える ウスモンオトシブミ

薄い黄褐色で上翅周辺部などに帯状の黒い模様があります
大きさは5~7mmだそうです

20060803232702.jpg

飛んで移動した後ですが上手く翅を畳めなかったようです

20060803233058.jpg

ピカピカです 暗い場所でもよく目立ちました

20060803233244.jpg

20060803233525.jpg


別の個体ですが 飛んできたのは良いのですが翅も仕舞わずにウロウロしていました

20060804214912.jpg

20060804215002.jpg


06'7/24撮影 (デジ眼)D70 タムロン 70-300mm F4-5.6 LD MACRO
  1. 2006/08/03(木) 23:17:25|
  2. [甲虫目] [オトシブミ科] ウスモンオトシブミ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

吸蜜中の ゴマダラチョウ

図鑑(2005年発行)では花で吸蜜する事は無いと書いてありましたが
ヤブガラシで吸蜜中の個体に初めて出会いました 

20060803175711.jpg

ヤブガラシ(ブドウ科)は小さな花ですがアゲハ科やタテハ科のチョウが好んで良く訪れます
別名 貧乏葛とも言われるそうです

20060803180337.jpg

今年は川沿いにある6本のクヌギに10頭以上のゴマダラチョウが乱舞しています
昨年は此処では1頭しか見ていなかったので大量発生したようです

20060803180939.jpg

通常はクヌギなどで吸汁するのですが個体数が多い割に
クヌギの数が少ないので花で仕方なく吸蜜しているのかもしれません

20060803181300.jpg

20060803182443.jpg

発生は5~6月と8月が多いそうです(7/20撮影分)

20060803182349.jpg

黒地に白い紋でシンプルな色合いですが存在感のある蝶です

20060803183022.jpg

ゴマダラチョウの特徴に口吻(ストロー状の口)が黄色い事があげられます
他の蝶は殆ど黒ですが例外なのは赤い口吻のスミナガシなどがいます

20060803183620.jpg


06'7/30撮影 (デジ眼)D70 タムロン 70-300mm F4-5.6 LD MACRO
  1. 2006/08/02(水) 20:51:47|
  2. [蝶] [タテハチョウ科] ゴマダラチョウ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クロコノマチョウ ♀ 夏型

吸汁中のクロコノマチョウに出会えました♀の個体です
夏型は翅裏が橙褐色で、縞模様が見られます 眼状紋が小さいのも特徴のようです(ストロボ撮影)

20060801235212.jpg

少し明るい所に出てくれたので自然光で撮影しました
5月に撮影した♂の個体と比べると翅の縁の突起が余り尖っていません

20060801235911.jpg

9月頃まで夏型が多く、10月頃から秋型が見られるそうです
(同じ場所でストロボ撮影)

20060802000257.jpg

クロコノマチョウは変異が多いそうなので 又どこかで会えるのを楽しみにしています

20060802000702.jpg


06'7/31撮影 (デジ眼)D70 タムロン 70-300mm F4-5.6 LD MACRO
  1. 2006/08/01(火) 23:41:41|
  2. [蝶] [ジャノメチョウ科] クロコノマチョウ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

kente

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
07 | 2006/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -