蝶と虫たち

美しい蝶や変わった虫などを紹介して いきます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ミヤマカラスアゲハ♂ 

後翅裏面に見える白い帯は春型に良く現れるそうですが
時期的に夏型のように思われます

20060801003535.jpg

吸水は曇りの時は殆ど見られず晴天時に数頭で吸水する姿をよく見かけます
上がった体温を下げる効果もあるようです

20060801004016.jpg

カラスアゲハより よりメタリックで美しいです

くa href="http://blog-imgs-27.fc2.com/k/e/n/kente555/20060801004537.jpg" target="_blank">20060801004537.jpg

20060801005225.jpg

ビロード状の黒い性標が目立ちます

20060801005447.jpg

左側下にいるのがカラスアゲハで飛んでいるのがミヤマカラスアゲハです
この時はカラスアゲハの側に飛んできて仲良く吸水していたのですが
近づきすぎてカラスアゲハに追い払われていました

20060801010018.jpg


06'7/27撮影 (デジ眼)D70 タムロン 70-300mm F4-5.6 LD MACRO
スポンサーサイト
  1. 2006/07/31(月) 00:22:03|
  2. [蝶] [アゲハチョウ科] ミヤマカラスアゲハ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

カラスアゲハ♂ 夏型

春型に比べて大きいので迫力があります
ミヤマカラスアゲハと一緒に吸水していました

20060801000150.jpg

前翅裏面の白い模様が上に広がっているのがカラスアゲハの特徴です

20060801000046.jpg

腹部の上の部分にも緑色の鱗粉が・・

20060801000751.jpg

毎年吸水する場所がほぼ決まっているようです
流れ出る清水の近くではなく 20mぐらい林道を流れた場所がお気に入りのようです

20060801001140.jpg

メタリックな色合いは撮影時の角度や天候で微妙な色合いに変化します

20060801001620.jpg

飛翔している時が1番奇麗だと思うのですがなかなか上手く撮れません

20060801001842.jpg

20060801002011.jpg


06'7/27撮影 (デジ眼)D70 タムロン 70-300mm F4-5.6 LD MACRO
  1. 2006/07/30(日) 23:56:54|
  2. [蝶] [アゲハチョウ科] カラスアゲハ♂
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

吸水中の ミドリヒョウモン♀

フンからミネラル補給しているにミドリヒョウモン♀です

20060730232648.jpg

吸水するのは♂ばかりだと思っていたのですが♀も吸水するのですね

20060730232825.jpg

吸水中のUPです

20060730232923.jpg

性標が無く前翅表面のツマにhくてんが有るのが♀の特徴です
表面の色合いも♂に比べてくすんだ色合いです

20060730233148.jpg

後翅裏面の緑色は名前の由来です

20060730233414.jpg

連写した次のシーンです
光の当たり方で後翅裏面の色合いがまるで違ってきます

20060730233615.jpg

この花は蝶が好きらしくタテハ科やアゲハ科の蝶が良く訪れます
花からは一寸変わった香りが漂います

20060730233933.jpg

20060730234048.jpg


06'7/25,26撮影 (デジ眼)D70 タムロン 70-300mm F4-5.6 LD MACRO
  1. 2006/07/29(土) 22:56:12|
  2. [蝶] [タテハチョウ科] ミドリヒョウモン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゼルフィスと呼ばれる ミヤマカラスシジミ

翅の裏面が地味目な色合いですが尾状突起の近くにある赤い模様が目立ちます 
日本固有種でゼルフィスと呼ばれるシジミチョウの仲間です

20060728004258.jpg

年1回 7~8月に発生するそうです 大きさは14~21mm
この日は6~7頭と会えましたがこの個体は赤橙色斑が奇麗な個体でした

20060728005330.jpg

良く似た蝶にカラスシジミ、ベニモンシジミ、スモモシジミが居ますが
赤橙色斑の形や後翅裏面の中央部の細い白状で見分けられます
オカトラノオでの吸蜜です

20060728005722.jpg

花から離れて草の葉に留まって休んでいるのかと思っていたのですが
葉の上で吸水していました

20060728010009.jpg

正面顔です

20060728010052.jpg

尾状突起の近くの翅の1部がめくれ上がっています
トラフシジミと同じ構造ですが目玉模様がありません

20060728010341.jpg

以外にノンビリ屋のようで すべての個体が近くによっても逃げませんでした
最短距離の60cmに寄って私がゴソゴソ動いても夢中で吸蜜していました

20060728010910.jpg


06'7/26撮影 (デジ眼)D70 タムロン 70-300mm F4-5.6 LD MACRO
  1. 2006/07/28(金) 01:12:15|
  2. [蝶] [シジミチョウ科] ミヤマカラスシジミ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

美しいカメムシ アカスジキンカメムシ

アカスジキンカメムシの成虫に出会えました
やはり美しい色合いです

20060728191805.jpg

6~8月に見られるそうです 大きさは17~20mm
曇天での撮影ですので色合いは今ひとつかも・・

20060728192054.jpg

お腹側にも綺麗な模様が僅かですが有ります
キンカメムシ科に分類されます

 20060728192634.jpg

以前撮った半成虫とは まるで別種のようです

20060728192817.jpg

別の日(7/27)に撮影した個体です
晴天下での撮影だったので赤い色合いも鮮やかです

20060728193155.jpg

アカスジキンカメムシは死ぬと鮮やかな緑色が暗緑色に変わってしまうそうです

20060728193351.jpg


06'7/24、7/27撮影 (デジ眼)D70 タムロン 70-300mm F4-5.6 LD MACRO
  1. 2006/07/27(木) 19:15:24|
  2. [虫] [カメムシ目] アカスジキンカメムシ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オオトラフコガネ

初めて見た時はコガネムシの仲間らしイト判ったのですが奇抜なデザインと模様で ずっと?????でした

20060727232643.jpg

触角が野球の応援の時に使うスポンジで出来た手のようです

20060727233033.jpg

昆虫のサイトで調べたのですが詳しいデーターがありませんでした
かなり珍しいコガネムシのようです

20060727233228.jpg

20060727233344.jpg


06'7/12撮影 (デジ眼)D70 シグマ 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
  1. 2006/07/26(水) 22:47:39|
  2. [甲虫目] [コガネムシ科] オオトラフコガネ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スジボソヤマキチョウ

別荘地を散策中に大きな黄色いチョウが飛んでいるのが目に入りました
近づいて良く見るとスジボソヤマキチョウでした

20060725184553.jpg

触角が太くて まるで枯れた小枝のようです

20060725184802.jpg

良く知られているのはヤマキチョウですが生息域が限られるそうです
ヤマキチョウより前、後翅端の尖り方が強いです

20060725185114.jpg

大きさは前翅長28~40mm 年1回6月頃から羽化をして秋まで見られるそうです
成虫で越冬して5月頃まで見られるそうです

20060725185632.jpg


06'7/14撮影 (デジ眼)D70 タムロン 70-300mm F4-5.6 LD MACRO
  1. 2006/07/25(火) 18:57:06|
  2. [蝶] [シロチョウ科] スジボソヤマキチョウ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

オカトラノオと ミドリヒョウモン♂ 

ミドリヒョウモン♂の奇麗な個体に会う事が出来ました
オカトラノオで美味しそうに吸蜜中です

20060723232401.jpg

以前にも会っているのですが翅が損傷している個体ばかりでしたので
翅の裏面の緑色が今回はハッキリと確認できました

20060723232851.jpg

前翅表面に黒い4本の性標が有るのが♂の特徴です
この性標は発香鱗の集まりで雄が雌を誘うためのフェロモンを発するそうです

20060723233430.jpg

年1回 6~7月に発生して低山地では夏眠して9~10月に再び活動するそうです

20060723234312.jpg

♂は橙色ですが♀は黄褐色でくすんだ色合いに見えます
この個体は少し鮮やかな色合いでした

20060723235042.jpg

20060723235130.jpg

20060723235220.jpg

20060724002541.jpg


06'7/12撮影 (デジ眼)D70 シグマ 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
  1. 2006/07/24(月) 00:23:18|
  2. [蝶] [タテハチョウ科] ミドリヒョウモン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

これも ヒメカメノコテントウ

変わったテントウムシを撮影したと思って調べてみたら
ヒメカメノコテントウの紋のないタイプでした

20060730235855.jpg

後にも紋はなく背筋に黒い模様があって「背筋型」と呼ばれているそうです

20060731000213.jpg

ヒメカメノコテントウは変異が多いそうです

20060731000345.jpg

20060731000427.jpg

20060731000746.jpg

20060731000902.jpg

20060731000940.jpg


06'7/10撮影 (デジ眼)D70 シグマ 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
  1. 2006/07/21(金) 23:52:31|
  2. [甲虫目] [テントウムシ科] ヒメカメノコテントウ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夏型 トラフシジミ

今年もこの花にいました よほど好きなのでしょう2頭が吸蜜していました

20060721181601.jpg

同じ日に近くで休んでいた個体ですが色合いが濃い個体でした
下に蜘蛛が居ますが襲われる事はありませんでした

20060721181851.jpg

翅を広げて表面を見せてくれました
トラフシジミは良く見るのですが翅の表面を見たのは2度目です

20060721182135.jpg

青紫色の色合いが美しいです

20060721182803.jpg

同じ日にアガパンサスの花影に隠れている所を見つけました

20060721183050.jpg


06'7/7撮影 (デジ眼)D70 シグマ 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
  1. 2006/07/20(木) 18:10:59|
  2. [蝶] [シジミチョウ科] トラフシジミ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

赤い角が目立つ ハサミツノカメムシ♀

ツノカメムシ科に分類されるカメムシで緑色に赤い模様がよく目立ちます
♂はお尻に赤く大きなハサミがあります 体長16~19mm

20060718131040.jpg

余り尖った角ではありませんが鮮やかな赤色で目立ちます

20060718131943.jpg

お尻の方も赤味が見られます

20060718132108.jpg


06'6/27撮影 (デジ眼)D70 シグマ 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
  1. 2006/07/13(木) 13:05:37|
  2. [虫] [カメムシ目] ハサミツノカメムシ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

首がなが~い ヒゲナガオトシブミ♂

「オトシブミ」と言う名前は聞いていましたが実物は初めて見ました
♀は首と触覚が短いそうです 体長8~12mm 5~7月に見れるそうです

20060718125247.jpg

イタドリなどで見られ ♀は葉を丸めてそこに卵を産むそうです

20060718125459.jpg

なぜ これほど首が長くなくてはいけないのかとても不思議です

20060718125706.jpg


06'6/28撮影 (デジ眼)D70 シグマ 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
  1. 2006/07/12(水) 12:46:58|
  2. [甲虫目] [オトシブミ科] ヒゲナガオトシブミ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

縦縞模様の アカスジカメムシ

赤と黒のお洒落な縦縞が目立ち カメムシ科に分類されます
体長は10~12mmと小さなカメムシです

20060713223159.jpg

植物園に植えてある植物ですが 毎年この植物に大量のアカスジカメムシが取り付いています

20060713223516.jpg

お腹側は縦縞ではなく赤地に黒丸です

20060713223711.jpg

縦縞の幅や色合いの濃さは個体差があるそうです

20060713223837.jpg

生息時期は6~8月だそうです 以外に短いですね

20060713224442.jpg


7/8,13撮影 (デジ眼)D70 シグマ 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
           D70 タムロン 70-300mm F4-5.6 LD MACRO
  1. 2006/07/11(火) 22:24:34|
  2. [虫] [カメムシ目] アカスジカメムシ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ラベンダー好きの ヒメアカタテハ

ラベンダーの芳香に誘われたのかヒメアカタテハが沢山吸蜜に訪れています
ミツバチ達も数えられないくらい集まっています

20060712221100.jpg

アカタテハも近くの別の種類の花で吸蜜していますがラベンダーはあまり好きではないようで
ヒメアカタテハが何時も数頭吸蜜しています モンシロチョウも多いです

20060712221451.jpg

此処は植物園でハーブが多く植えてありますが蝶によって好きな花が有るようで
ラベンダーには来ませんがトラフシジミも他の花で吸蜜しています

20060712222150.jpg

色合いが薄いのも濃いのも居ますが季節による変化はないそうです

20060712222924.jpg

同じ場所で5~6頭のヒメアカタテハを見かけましたが皆 翅荷損傷が無く奇麗な個体ばかりでした

20060712223416.jpg


06'7/7、8撮影 (デジ眼)D70 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
  1. 2006/07/10(月) 22:03:40|
  2. [蝶] [タテハチョウ科] ヒメアカタテハ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

菜亀と書くそうです ナガメ

カメムシ目はおよそ24科に分類されセミ科も含まれる大所帯です
ナガメはカメムシ科に分類されます

20060712204209.jpg

ナガメは菜亀と書くそうで菜の花に良くいる所から名付けられたそうです
大きさは8~9mmで4~10月頃まで見られるそうです

20060712204657.jpg

お腹の方にも黒い丸の模様があります
未成熟の個体は模様がかなり違い まるで別種のようです

20060712205038.jpg

背中の模様が歌舞伎のクマドリの様にも見えますが
私には牛の子供が涎掛けをしているように見えます

20060712205536.jpg

色合いがオレンジから赤色まで居るそうですが赤い色合いの個体にもあって見たいです

20060712205913.jpg


06'7/7撮影 (デジ眼)D70 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
  1. 2006/07/09(日) 20:33:44|
  2. [虫] [カメムシ目] ナガメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オオミドリシジミ♀

オオミドリシジミ♂を撮った低山の麓近くの葉陰で休んでいました

20060709235147.jpg

翅の裏面が見れないうちに飛び去られてしまったのですが
ミドリシジミの仲間の♀は似た姿が多いのですが平地に近い所に居たのでオオミドリシジミの♀だと思います

20060709235329.jpg

オオミドリシジミの♀は♂と違って活発に飛ばず葉陰で休んでいる事が多いそうです

20060709235740.jpg

♂もこのくらい大きく撮れればいいのですが・・
地味な色合いながら可愛い顔立ちです 

20060709235921.jpg


06'6/23撮影 (デジ眼)D70 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
  1. 2006/07/08(土) 23:46:35|
  2. [蝶] [シジミチョウ科] オオミドリシジミ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

占有行動中の オオミドリシジミ♂

標高240mぐらいの丘のような低山に早起きして得をしました
AM6:30ぐらいに到着して観察を始めたらオオミドリシジミの占有行動に出くわしました

20060709231721.jpg

低木の天辺辺りで他の蝶を追い払って居たかと思ったら近くの葉の上に留まってくれました
今まで見た蝶とは違った表翅の色合いに大いに興奮しました

20060709232106.jpg

ミドリシジミの仲間は種類によって行動する時間帯が違うそうで
オオミドリシジミは朝早くから昼頃まで活発に飛び回るそうです

20060709232314.jpg

翅の表面が青緑色に輝いています
興奮を抑えながら飛び立たれないようにゆっくりとした動作で撮影を続けました(^o^)

20060709232714.jpg

名前はオオミドリシジミですが他のミドリシジミの仲間と大差はなく
大きさは17~23mmだそうです 低地から山地までよく見れるそうです

20060709233039.jpg

翅の裏面がハッキリと撮れなかったのは残念ですが・・
6月初めから羽化が始まって2ヶ月ぐらいは見れるようです

20060709233337.jpg

この日は2ヶ所で見る事が出来ましたが数日後に訪れた時は姿が見れませんでした
早朝 曇り空の風のない日が良い様です

20060709234011.jpg

かなり離れていても表翅の青緑色はよく目立ちます

20060709234254.jpg

上の写真とこの写真は遠かったので飛翔中を撮ってみたのですが
飛んでいるのか留まっているのか良く判りませんね

20060709234509.jpg


06'6/21撮影 (デジ眼)D70 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
  1. 2006/07/07(金) 23:10:18|
  2. [蝶] [シジミチョウ科] オオミドリシジミ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スジグロシロチョウとコハナバチ

スジグロシロチョウを撮っていたらコハナバチの仲間の蜂が近づいてきました
ほかの花で吸蜜するのかなと思っていたのですが・・

20060709131529.jpg

スジグロシロチョウに急接近!

20060709131751.jpg

スジグロシロチョウは嫌がって吸蜜していた花から逃げ出しました
蝶は良く吸蜜中に蜂に追い出されます

20060709132119.jpg

スジグロシロチョウは上の花に移動しましたが蜂がまた近づいてきましたが

20060709132404.jpg

スジグロシロチョウを追い出した花で吸蜜し出しました
同じ茎に咲いている花なので蜜の出方に差があるとは思えず蝶が吸っていた分少なくなっていると思えるのですが・・
蜂の我が儘なのでしょうか?

20060709132910.jpg


06'6/19撮影 (デジ眼)D70 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
  1. 2006/07/06(木) 13:11:44|
  2. [おもしろ写真] [蝶] スジグロチョウとコハナバチ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キチョウ 飛翔

キチョウが3頭で絡む様に飛んでいました
1頭は薄い色合いなので♀かもしれませんが確認は出来ませんでした

20060706115547.jpg

20060706120052.jpg

20060706120120.jpg


06'6/22撮影 (デジ眼)D70 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
  1. 2006/07/05(水) 22:52:34|
  2. [蝶] [シロチョウ科] キチョウ飛翔
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

奇麗だけど害虫 アカガネサルハムシ

ハムシの仲間ですが9種類に分けられている亜科でサルハムシ亜科に分類されます
頭や足は金緑色で背中は赤銅色に輝いています 大きさは5.5~7.5mmぐらいです

20060706113258.jpg

成虫はブドウやトサミズキ、イタドリの葉を食べ 幼虫は地下で根を食べているそうです

20060706113449.jpg

背中(上翅)の色合いは金緑、金色、赤銅に奇麗に色分けされています

20060706113752.jpg

20060706114422.jpg

身体は小さいのですが色合いが目立つので直ぐ判ります
今年は2度合う事が出来ました

20060706114752.jpg

06'6/23撮影 (デジ眼)D70 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
  1. 2006/07/04(火) 23:24:42|
  2. [甲虫目] [ハムシ科] アカガネサルハムシ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

紅紋型 ナミテントウ 

ナミテントウは黒地に赤い星二つの二紋型、黒地に赤い星4つの四紋型、赤地に無紋或いは黒い星の紅紋型、黒地に赤い星の斑紋型と4種類に分けられます

20060705192904.jpg

星が2つしかなくても、こんなに沢山星があっても同じナミテントウとは面白いです

20060705193140.jpg

赤地に黒い星のナミテントウでも目の後の胸部背板は白地に黒い模様と共通しています

20060705193652.jpg

成虫も幼虫もアブラ虫を食べてくれるので沢山いれば殺虫剤はいらないのですが・・

20060705194337.jpg


06'6/23撮影(デジ眼)D70 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
  1. 2006/07/03(月) 23:18:15|
  2. [甲虫目] [テントウムシ科] ナミテントウ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おしゃれなデザイン ヒメカメノコテントウ

体長4~5mmと小さく 黄色から橙色迄色合いに変化があるそうです上翅に特徴的な黒い模様が見られます

20060705185943.jpg

ジッと動かずにいる所を数枚撮った所で逃げられてしまいました
同じ仲間のテントウムシを食べるそうです
大きめにトリミングしてみました

20060705190348.jpg


06'6/22撮影 (デジ眼)D70 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
  1. 2006/07/02(日) 23:52:57|
  2. [甲虫目] [テントウムシ科] ヒメカメノコテントウ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

白い斑紋 ムーアシロホシテントウ

シロホシテントウの仲間で胸部背板に4個の白い紋と上翅片側に7個の白い斑があります
大きさは4~5mmです

20060702083716.jpg

ケヤキの木に居ましたがケヤキなどに付くアブラムシを食べるそうです
この仲間には白い斑紋の数でシロホシテントウ、シロジュウシホシテントウ、シロジュウゴホシテントウと名前が付けられています

20060702084157.jpg

横や上から見ると上翅片側の7個の白い斑が確認できませんが
後ろから見ると大きな白い斑の下に小さな斑が見れます

20060702090018.jpg

以外に警戒心が強く不用意に近づくと直ぐに逃げてしまいます
身体を小さくしてそっと近づきました

20060702090354.jpg

テントウムシの卵も食べるそうですがナミテントウなども幼虫の時には同じ仲間の卵を食べるそうです
その方が栄養が高く早く成長するそうです

20060702090706.jpg


06'6/25撮影 (デジ眼)D70 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
  1. 2006/07/01(土) 23:31:46|
  2. [甲虫目] [テントウムシ科] ムーアシロホシテントウ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

kente

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
06 | 2006/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -