蝶と虫たち

美しい蝶や変わった虫などを紹介して いきます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ヤマキマダラヒカゲ 飛翔

富士山麓の1200mぐらいと思われる休憩所で吸水に訪れるヤマキマダラヒカゲの飛翔を狙ってみました

20060701181352.jpg

先に飛んできた個体の近くにもう1頭が飛んできました

20060701181507.jpg

しかしすでに吸水しているチョウに警戒してかホバリングをしています
この画面には3頭の蝶が居ますが判りますか?

20060701182130.jpg

写真は連写した順番通りにUPしています

20060701182256.jpg

ようやく着地したようです
翅表面の色合いや模様がヒョウモンチョウに似ています 飛んでいる時は尚更でした

20060701182619.jpg

着地したと思ったら再び飛び立ちました
この画面では未だ
3頭のチョウが居ますヤマキマダラヒカゲ2頭とテングチョウです

20060701182946.jpg

どうやら仲間の個体ではなくテングチョウが気になるようです

20060701183113.jpg

2頭のチョウは近くに飛んでくる蝶には目もくれず吸水しています

20060701183243.jpg

飛翔中のヤマキマダラヒカゲがテングチョウに急接近しました
落ち着いて吸水できないくらいテングチョウが気になるようです

20060701183435.jpg

とうとうテングチョウは追い出されてしまいました
大きな石の手前に居たのです(^o^)

20060701183637.jpg

左からヤマキマダラヒカゲ、テングチョウ、ヤマキマダラヒカゲです

20060701183851.jpg

ヤマキマダラヒカゲが明るい所を飛び回り日当たりの良い所で吸水するのも初めて知りました
テングチョウは左端に飛んでいってしまいました

20060701184431.jpg

今度は同じ仲間を牽制しに飛んでいったようです

20060701184600.jpg

吸水していた仲間の近くに飛んでいきましたが吸水していた個体は逃げずにこの後仲良く寄り添うように2頭で吸水していました

20060701185008.jpg

その後はテングチョウが飛んできて3頭で吸水していました
飛び回っていたヤマキマダラヒカゲ脳死路にいる仲間は終始微動だにせず動きませんでしたね
同じチョウでも性格が少し違うのかもしれませんね

20060701185846.jpg


06'6/29撮影 (デジ眼)D70 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
スポンサーサイト
  1. 2006/06/30(金) 23:08:44|
  2. [蝶] [ジャノメチョウ科] ヤマキマダラヒカゲ飛翔
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

富士山麓の ヤマキマダラヒカゲ

富士山麓の富士スカイライン(標高1300mmぐらいです)の道ばたで吸糞している姿を多く見かけました
中には車の風圧で地面に叩き付けられた個体も見受けられました

20060630172059.jpg

同じ場所での飛翔写真です ピンぼけですが翅の表面の様子がわかると思います
近くに飛んでくるとヒョウモンチョウが来たのかと思えました

20060630172339.jpg

車を運転中に何度も道ばたでチョウに出会えるのでそのたびに車を止めて撮影しました

20060630172607.jpg

吸糞中の個体ですが少し黄色みが強かったです

20060630172915.jpg

標高1500mぐらいの所で出会った個体です標高1900mの所では全く見られず
少し下がった所では道ばたに吸糞中の姿が見れました

20060630175932.jpg


06'6/29撮影 (デジ眼)D70 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
  1. 2006/06/29(木) 23:12:30|
  2. [蝶] [ジャノメチョウ科] ヤマキマダラヒカゲ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

富士山麓の クロヒカゲ

富士山麓産のクロヒカゲと言っても特に変わった所は無いようです
去年は暗い所で蚊に刺されながら撮影した思い出が・・

20060630211255.jpg

ヒカゲチョウによく似ていますが名前のごとく黒い色合いなので直ぐ判ります
ストロボ撮影だと青い模様がハッキリしますが今回はストロボは使いませんでした

20060630211617.jpg


06'6/28撮影 (デジ眼)D70 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
  1. 2006/06/28(水) 23:08:59|
  2. [蝶] [ジャノメチョウ科] クロヒカゲ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アカタテハ 飛翔

翅を滅多に開かない蝶が多く翅の表面を見る為には飛んでいる所を撮るしか有りません
アカタテハは良く翅を開いて留まっているのですが練習のために撮ってみました

20060628182139.jpg

撮影はAFです ピントがいまいちですが

20060628182320.jpg

ピントは上手く合いましたがフレームからはみ出しそうです

20060628182503.jpg


06'6/24撮影 (デジ眼)D70 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
  1. 2006/06/27(火) 23:16:41|
  2. [蝶] [タテハチョウ科] アカタテハ飛翔
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

色鮮やかな メスグロチョウモン♂

栗の花で吸蜜中ですがなかなか下に降りてきてくれません
鮮やかなオレンジ色が眩しいようでした

20060628173412.jpg

♂と♀でこれほど色合いが違うタテハ科の蝶も珍しいです
♂はヒョウモンチョウそのものですが♀はまるで色合いが違います

20060628174556.jpg

発生は年1回 6~7月で低山地では1時休眠して9~10月に再び活動するそうです

20060628175219.jpg

もう1頭が級蜜に訪れるのですが盛んに追い払っていました
下からの撮影なので翅の裏面の特徴が判りにくいので同定に苦労しました

20060628175735.jpg

同定は前翅先端部近くに余白がある事、後翅に黒い横縞模様が見れる性標が有る等で判断しました

20060628180057.jpg


06'6/23撮影 (デジ眼)D70 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
  1. 2006/06/26(月) 17:10:48|
  2. [蝶] [タテハチョウ科] メスグロヒョウモン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

まとわりつく ウラギンシジミ

虫でもいないかと茂みを眺めていたら足下にウラギンシジミが飛んできてくれました
靴の上にでも乗ってくれないかと思っていたのですがそこまでのサービスは無しでした
(左下に私の靴が見えます)

20060626084216.jpg

吸水している様子はありませんでしたが私の汗の匂いに誘われたのかも・・
ウラギンシジミは良く近くに飛んできます 指に留まった事も有りました

20060626084604.jpg

ギリギリ(60cm)まで近づいても逃げる様子がありませんでした
翅の表面にオレンジの模様が見れるので♂の個体です

20060626084851.jpg

ウラギンシジミが飛び去ったので車に戻ったら 先回りしていたようにちょこんと車に留まっていました

20060626085203.jpg

暫く車を洗っていないので小さな鳥の糞などが付いているのかもしれません
ストローを伸ばして盛んに栄養補給をしています

20060626085627.jpg

満足したのか 飛び去っていきました

20060626085740.jpg


06'6/24撮影 (デジ眼)D70 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
  1. 2006/06/25(日) 23:35:19|
  2. [蝶] [シジミチョウ科] ウラギンシジミ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゼルフィスと呼ばれる ミズイロオナガシジミ  

ゼフィルス(ラテン語でそよ風)と呼ばれる仲間です
梅雨時に良く見られ 夕方活動して昼間は葉の上で休んでいるそうです

20060625222601.jpg

ミズイロオナガシジミと言うくらいですから表面は空色かと思ったのですが
飛んでいる時に翅の裏面と表面に僅かにある水色紋で水色に見えるからだそうです

20060625222437.jpg

こんな感じで葉陰でノンビリしていました
年1回 6~7月に発生するそうで 比較的よく見れるそうです

20060625223151.jpg

大きさは11~18mm よく見かけるヤマトシジミが9~16mm 少しだけ大きいです

20060625223734.jpg


06'6/21撮影 (デジ眼)D70 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
  1. 2006/06/24(土) 23:13:43|
  2. [蝶] [シジミチョウ科] ミズイロオナガシジミ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ゼフィルスと呼ばれる ウラナミアカシジミ

遭いたかったウラナミアカシジミに会う事が出来ました
栗の花の上を舞うオレンジの姿が見えたので急いで近づいてみました

20060623070813.jpg

昼間は休んでいたり栗の花で吸蜜している事が多く♂は夕方に活発に活動するそうです
年1回 6月~7月に発生するそうで 大きさは16~23mm

20060623071041.jpg

もっと濃いオレンジかと思っていたのですが以外に薄い色合いでした
オレンジ色に黒い模様が独特です
濃い色合いの個体も居るのかもしれませんね 

20060623071442.jpg

栗の花で吸蜜中の個体と同じですが吸蜜中に肉食のアブに襲われて
危うく難を逃れて葉陰に逃げてきました
長い間この葉陰にいましたがカメラの設定をしている間に見えなくなってしまいました

20060623072032.jpg


06'6/21撮影 (デジ眼)D70 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
  1. 2006/06/23(金) 23:04:36|
  2. [蝶] [シジミチョウ科] ウラナミアカシジミ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

渋い瑠璃色 ルリチュウレンジ

幼虫はツツジ類の葉を食べるそうです
全身が暗い青藍色で光線の具合で瑠璃色に見えます

20060702093105.jpg

葉陰にいた仲間の所にもう1匹が飛んできました

20060702093318.jpg

コミュニケーションをとっているのか♂♀を確認していたのか判りませんが・・
 
20060702093649.jpg


06'5/10撮影 (デジ眼)D70 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
  1. 2006/06/22(木) 09:24:25|
  2. [蜂] [ミフシハバチ科] ルリチュウレンジ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゼフィルスと呼ばれる アカシジミ

栗の木の葉陰でジッとしていました 初めての出会いです
図鑑によると夕方から活発に活動するそうで昼間はジッとしているそうです

20060621221515.jpg

葉陰の奥にいるので手前の葉を避けてわずかな隙間からの撮影でした
少しトリミングしてみました
発生は年1回 5月下旬~7月に発生 1月ぐらいの命だそうです

20060621221754.jpg

葉陰の暗い場所で葉の緑が影響しているようなのでストロボを補助光にして撮影してみました 露出補正は-0.2です

20060621222155.jpg

近くに移動してくれないかと粘ってみましたが移動する気配はまるでありませんでした
ストロボ使用 露出補正 -0.3

20060621222354.jpg


06'6/21撮影 (デジ眼)D70 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
  1. 2006/06/21(水) 22:24:39|
  2. [蝶] [シジミチョウ科] アカシジミ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

山吹色の キマダラセセリ

褐色の地に山吹色が奇麗な個体に会えました
翅が裂けているのが残念ですが肉食の昆虫に襲われたのかもしれません

20060621003218.jpg

地色の褐色が濃いので♂かもしれません

20060621003406.jpg

セセリチョウの仲間は進化した蝶と言われていますが翅の大きさの割には
身体が大きいのが判ります かなりの太めです

20060621003700.jpg

ヒメジョオンで美味しそうに吸蜜していました

20060621004236.jpg

撮影時に身体を大きく動かすと素早い動きと速いスピードで直ぐに逃げ去ります
撮影時は無呼吸で精一杯身体を小さくして撮影しています

20060621004732.jpg

撮影時は気が付きませんでしたが小さな蟻もいますね

20060621004928.jpg


06'6/16撮影 (デジ眼)D70 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
  1. 2006/06/20(火) 00:26:31|
  2. [蝶] [セセリチョウ科] キマダラセセリ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

まだまだ子供 アカスジキンカメムシ

調べても名前が判らなかったのでUPが遅くなりましたが
成虫では無く未だ幼虫だったので調べても判らなかったのでした

20060618230407.jpg

カメムシの仲間でアカスジキンカメムシですが この幼虫だと名前からは想像できません
成虫になると名前のごとく奇麗な緑地に赤い筋が入って幼虫とはまるで似ていません

20060618230830.jpg

大きさは17~20mmぐらいで6月~8月に見れるそうです
身体の暗褐色の部分も光沢が有り 白い部分は半透明の白いガラスのようで奇麗です

20060618231325.jpg

カメムシの仲間は臭い匂いを出す種類が多いのですがこの種類はあまり臭くないようです

20060618231539.jpg


06'5/29撮影 (デジ眼)D70 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
  1. 2006/06/17(土) 23:00:23|
  2. [虫] [カメムシ目] アカスジキンカメムシ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

求愛行動 モンキチョウ

モンキチョウが求愛行動している所を見る事が出来ました
普段 翅を閉じていて表面は滅多に見る事が出来ないので良いチャンスです

20060615222847.jpg

葉に留まっている白い方が♀です ♂が盛んにディスプレーしています
♀は白い個体が殆どですが黄色い個体も居ます

20060615223127.jpg

よく見かける蝶ですが翅の表面は殆ど見る事が出来ません
たまに近くで飛び回っているとモンキチョウである事が判らない時も・・

20060615223436.jpg

後翅の裏面にある虫食い状の模様の反対側(表面)は黄色い模様です

20060615223640.jpg

20060615224007.jpg

♀がお腹を立てて交尾拒否のポーズをしています

20060615224129.jpg

20060615224441.jpg

20060615224609.jpg

20060615224703.jpg

20060615224741.jpg

20060615224817.jpg

♂は交尾が出来ないと判って飛び去っていきました

20060615224951.jpg


06'5/17撮影 (デジ眼)D70 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
  1. 2006/06/15(木) 22:50:32|
  2. [蝶] [シロチョウ科] モンキチョウ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

駄々をこねている? クロマルハナバチ

山の林道で仰向けで 駄々をこねている様なクロマルハナバチに会いました
最初は苦しんでいるのかと思ったのですが・・

20060613231919.jpg

丁度 殺虫剤を掛けられて苦しんでいる状態のように見えたのです

20060613232320.jpg

でも何枚か撮影していたら元気に飛び立っていきました
マルハナバチの仲間ですが尾の方だけにオレンジの毛があるのでクロマルハナバチかコマルハナバチと思えますが
クロマルハナバチだろうと思えます
大きさはクロマルハナバチの方が大きく12~23ミリだそうです

20060613232831.jpg


06'5/15撮影 (デジ眼)D70 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
  1. 2006/06/13(火) 23:29:08|
  2. [蜂] [ミツバチ科] クロマルハナバチ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ウラギンシジミの産卵 

ウラギンシジミの産卵を見る事が出来ました低山に自生している藤の枝先に産卵していました

20060611020803.jpg

鱗粉も剥げ落ちて見る影もないウラギンシジミですが蝶としては長生きしてきたのでしょう

20060611021045.jpg

葉の落ちてこぶ状の所で産卵をしていました

20060611021316.jpg

産み終えてお尻を離した所です
秋口にも藤の周りでよく見かけますが伸びた蔓から吸蜜もしているようです

20060611021558.jpg

真ん中に見える緑色の物が卵です

20060611021709.jpg

トリミングしてみました
本当はもっと大きく撮りたかったのですが これが限界でした

20060611021844.jpg


06'5/31撮影 (デジ眼)D70 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
  1. 2006/06/11(日) 02:19:30|
  2. [蝶] [シジミチョウ科] ウラギンシジミ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

地域で色合いが変わる センチコガネ

鈍い光沢ですが青紫から緑色まで光り輝いていました
コガネムシ科では無くセンチコガネ科に分類される種類です

20060603180832.jpg

色合いに地域差が有るようでかなりの変化があるそうです
同じ仲間でオオセンチコガネがいますが こちらは光沢があるそうです

20060603181117.jpg

大きさは14~20mmで全国で見られるそうです
撮影していても 直ぐに隠れようとします

20060603181350.jpg

動物の糞や死骸を食べる掃除屋さんです

20060603181617.jpg


06'5/15撮影 (デジ眼)D70 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
  1. 2006/06/02(金) 18:01:34|
  2. [甲虫目] [センチコガネ科] センチコガネ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トラフシジミの表面

普段 全くと言っていいくらい翅を開かないトラフシジミですが
栗の葉の上で翅を開いて日向ぼっこをしていました
この日はかなり暑かったのですが・・

20060603013008.jpg

翅の部分は露出オーバー気味ですが 肉眼で見るとこんな感じで美しかったです

20060603013403.jpg

翅の部分にピントを合わせて撮影してみました
トラフシジミもかなり会っているのですが翅の表面は初めて見たので
飛び立たないうちに沢山撮ろうとドキドキしていました

20060603013656.jpg

この場所には2~3頭の個体がいましたが翅の裏面の地色が黒褐色から少し薄くなってきました

20060603013956.jpg

こちらは別の個体ですが 未だ春型の地色です

20060603014320.jpg


06'5/29撮影 (デジ眼)D70 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
  1. 2006/06/01(木) 01:25:11|
  2. [蝶] [シジミチョウ科] トラフシジミ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

kente

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
05 | 2006/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -