蝶と虫たち

美しい蝶や変わった虫などを紹介して いきます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

強面の ニワハンミョウ

初めて会った時 ハンミョウの子供かと勘違いしてしまいました(⌒▽⌒)アハハ!
山地で出会ったのですが人家の周りでも見られるそうです

20050830082803.jpg

ハンミョウより1周り小さく(15~18mm) 地味な色合いですが
大きく撮ったら以外に綺麗な色が見られました

20050830083023.jpg

10匹以上いましたが大きめの餌を食べてる個体はいませんでした
以外に小さな虫を食べているようで忙しく歩き回っています

20050830084152.jpg


太陽が当たって鈍く虹色に輝いています
小指ぐらいの大きさの穴が沢山開いていましたが幼虫の住処かも知れません

20050830083601.jpg


05'8/3 (デジ眼) EOS Kiss デジタルN APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
スポンサーサイト
  1. 2005/08/30(火) 08:43:14|
  2. [甲虫目] [ハンミョウ科] ニワハンミョウ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

やはり綺麗 ムラサキシジミ飛翔

最近は雑木林の周辺に行くので良くムラサキシジミに合います
暗めの場所に良くいるのでジッとしていると見逃しやすいです

20050829184552.jpg

飛んでいると紫色が点滅しているようで美しいです

20050829184751.jpg

紫の形から♀のようです

20050829184933.jpg

葉に留まった所です

20050829185303.jpg

裏面の様子です 裏面も光の当たり方で鈍く光って見えることがあります(8/17 撮影)

20050829185725.jpg

同じ個体の留まっている時です
20050829190030.jpg


05'8/8 (デジ眼) EOS Kiss デジタルN APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
05'8/17 (デジ眼) D70 シグマ 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
  1. 2005/08/29(月) 19:02:55|
  2. [蝶] [シジミチョウ科] ムラサキシジミ飛翔
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

交尾中の ルリシジミ

私の好きな蝶の1つです よく見かけますが翅の裏面が灰白色で良く目立ちます

20050828122130.jpg

交尾中は目立のを嫌って葉陰に隠れることが多いのですが
この時は日陰でも葉表にいました

20050828122403.jpg

翅を開いてくれれば♂♀が判るのですが

20050828123754.jpg


05'8/4 (デジ眼) EOS Kiss デジタルN APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
  1. 2005/08/28(日) 12:38:37|
  2. [蝶] [シジミチョウ科] ルリシジミ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

特徴のある裏翅 キマダラセセリ

コキマダラセセリより小さく 前翅長13~17mm
北海道から南西諸島まで分布しているそうです

20050826203429.jpg

平地では6月と8月から9月に見られるそうです
休んでいる時は後翅を開いて前翅を半分開いています

20050826204412.jpg

翅の裏面の模様が似ている場合は翅の表面で見れば判りやすいですが
低い所に留まってくれればいいのですが

20050826205146.jpg


05'8/20 (デジ眼) D70 APO 170-500mmF5-6.3 ASPHERICAL RF
  1. 2005/08/26(金) 20:52:17|
  2. [蝶] [セセリチョウ科] キマダラセセリ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

近くに来てくれた ルリタテハ(夏型)

標高600mぐらいの低山の頂上で出会いました この場所で2頭見ました
占有行動をしていて 飛ぶスピードは見慣れた蝶のスピードより遙かに速く 驚きました

20050825113557.jpg

蝶は良くハチやアブに威嚇されます 
この時もビクッと警戒して翅を狭めました

20050825113929.jpg

正面から少しずつ近づいてみましたが ノンビリしていてくれました
触覚を動かして警戒しているようにも見えましたが・・

20050825114548.jpg

いつ見てもルリタテハの裏翅は見事なカモフラージュです

20050825115102.jpg

触覚を真っ直ぐに伸ばしていますが 警戒のポーズでしょうか

20050825115507.jpg

山を下りてくる時にガードレールの杭に乗っていました 3頭目です
1度逃げても又戻ってきます お気に入りの場所かも知れませんね

20050825115851.jpg

帰り道の道路の上に降り立っていました ほとんど真上からの撮影です
4頭目のルリタテハです

20050825120128.jpg

最低合焦距離(60cm)での撮影です
これほど近づけたのはラッキーですね

20050825120402.jpg

水分のない所ですので 単に日向ぼっこのようです

20050825120557.jpg


05'8/15 (デジ眼) D70 シグマ 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
  1. 2005/08/25(木) 12:06:41|
  2. [蝶] [タテハチョウ科] ルリタテハ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

表翅を見せてくれた ウラギンシジミ

足下から飛び立って直ぐ近くの葉の上で翅を広げてくれました
吸水中に気が付かずに邪魔をしてしまったようです

20050824111853.jpg

回り込んで徐々に正面まで行こうとしましたがこれが限界でした
綺麗な翅に見えても傷が付いていますね(8/20撮影)

20050824112210.jpg

「怪しい奴だ!」と言わんばかりに警戒されているようでした

20050824112529.jpg

翅を広げてくれても水平までは広げてくれません
こちらの方が見た目の色合いに近いと思います(8/23撮影)
20050824112918.jpg


05'8/20,23 (デジ眼) D70 シグマ 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
  1. 2005/08/24(水) 11:30:23|
  2. [蝶] [シジミチョウ科] ウラギンシジミ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

吸水中か スミナガシ

前回(8/1)と同じ場所なのですが個体数が大く見られました(5~6頭)
ほとんどが高い枝先に留まってしまいますが 殻に貯まった水を飲んでいる個体に会えました

20050823095840.jpg

赤い口吻を初めて見る事が出来ました

20050823100442.jpg

暗い場所なので色合いが上手く出ていないようです
日に当たった方が綺麗ですね

20050823100126.jpg


正面顔です サービスの良いスミナガシでした(~~)

 20050823100914.jpg

車が通れる林道の端でノンビリ吸水中です
最初は栗の実に取り付いているのかと思いましたがザリガニでした

20050823101437.jpg


05'8/18 (デジ眼) D70 シグマ 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
  1. 2005/08/23(火) 10:15:57|
  2. [蝶] [タテハチョウ科] スミナガシ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ゼルフィスの仲間 オオミドリシジミ

7月に撮影したのですが同定に手間取りアップが遅くなりました
ミドリシジミ亜科のシジミチョウは似た模様が多く♂♀で色合いが違うので苦労します
♀の個体です 後角の橙色斑が2つに分かれているのが特徴です

20050822155048.jpg

北海道から九州まで分布していて低地でも良く見られるそうです
名前はオオミドリシジミですが それほど大きく無く 前翅長17~23mmだそうです

20050822155723.jpg


05'7/22 (デジスコ) EDⅢ DS40W× F700
-------------------------

涼しい低山での撮影です 尾状突起が損傷しているのが残念
6月~7月に見られますが 山地では9月まで見られるそうです

20050822160406.jpg

裏面が黒褐色ですので♀のようです
♂も見たいのですが 本格的に蝶を撮り始めたのが7月からでしたので今年は無理かも知れませんね(~~)
 
20050822160656.jpg

足場の悪い 崖の斜面での撮影でしたので
オオミドリシジミの特徴の尾状突起と橙色斑が見れません

20050822160942.jpg


05'8/18 (デジ眼) D70 シグマ 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
  1. 2005/08/22(月) 16:32:47|
  2. [蝶] [シジミチョウ科] オオミドリシジミ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ジャコウアゲハに似せた アゲハモドキ

毒を持つジャコウアゲハに似せた蛾です
大きさは2/3位でしょうか 図鑑には前翅長は55~60mmと書かれてますが
最初は「小さなジャコウアゲハだな~」と思いました 発生は6月~8月

20050821032444.jpg

北海道から九州まで分布しているそうです

20050821032844.jpg

同じ日に他の場所でも見かけました 多い時期なのでしょうか

20050822164223.jpg


05'8/17 (デジ眼) D70 シグマ 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
  1. 2005/08/21(日) 03:30:26|
  2. [蛾] [アゲハモドキガ科] アゲハモドキ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

交尾中の アゲハチョウ

交尾中のアゲハチョウに合う事が出来ました (7/17撮影)
上にいるのが♀です(黄色みが強いです)

20050821024135.jpg

交尾中のシーンはあまり見かけません 何度か見かけたのはモンシロチョウぐらいです
やはり 葉陰に隠れている事が多く 撮影しやすい枝で見たのは初めてです

20050821024646.jpg

私に気が付いて飛び去りましたが 交尾したままです
抵抗があって飛ぶにも体力がいるでしょうね

20050821024849.jpg

着地したのは良いのですが♂の体制が苦しそうです

20050821025034.jpg

完全に下敷きになっていますが蝶は軽いので影響はなさそうです

20050821025414.jpg


05'7/17(デジ眼) EOS Kiss デジタルN APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
  1. 2005/08/21(日) 02:54:53|
  2. [蝶] [アゲハチョウ科] アゲハチョウ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お気に入りの場所 ツマグロヒョウモン♂

同じ場所で別々の日に3度も会いました よほどお気に入りの場所なのでしょう
山道の杭が腐らないように空き缶が被せてあるのです

20050820104641.jpg

暑い日で空き缶もかなりの熱さになっていますが
お腹を付けて暖めているようでした

20050820104922.jpg

近づこうとして逃げられても 又戻ってきていました

20050820105431.jpg

逃げて来てちょうど絵になる場所に留まってくれました
でも この後空き缶の上に戻っていきました(^。=)

20050820105714.jpg


05'8/8 (デジ眼) D70 シグマ 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
  1. 2005/08/20(土) 10:58:23|
  2. [蝶] [タテハチョウ科] ツマグロヒョウモン♂
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ゼルフィスの仲間 ミズイロオナガシジミ

ゼルフィス(ラテン語でそよ風)と呼ばれているシジミチョウの1群がいます
その仲間(25種)ですが1番地味かも知れません

20050820102725.jpg

北海道から九州に分布していて平地の雑木林でも見られます
少し傷ついているような個体ですが特徴の尾状突起が見られます

20050820103215.jpg

速いスピードで飛ぶ時に水色に見える所から名前が付けられたそうです

20050820103617.jpg


05'8/17 (デジ眼) D70 シグマ 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
  1. 2005/08/20(土) 10:37:11|
  2. [蝶] [シジミチョウ科] ミズイロオナガシジミ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

食性が特別な ゴイシシジミ

シジミチョウは5つの亜科に分かれていてカニアシ亜科に分類される蝶です
幼虫の時はアブラムシを食べ 蝶になると笹や竹に付くアブラムシの分泌液を吸汁するそうです

20050819092022.jpg

落ち着かない蝶でなかなか留まってくれませんでした
北海道から九州まで分布していて 5月~10まで見られるそうです

20050819092733.jpg

シジミチョウの仲間にしては足が太いようですが そこからカニアシ亜科と付けられたのでしょうか

20050819093025.jpg

この子は大分疲れているようで足が少なくなって翅も痛んでいますが
青みが薄く出ていて綺麗でした

20050819093340.jpg

飛んでいる所を撮ってみましたが お腹でバランスを取っているようにも見えました

20050819093711.jpg

翅表は黒褐色で地味ですね 前翅長10~17mm 
飛んでいる時は黒みが強いヤマトシジミかと思いました

 20050819094614.jpg

  1. 2005/08/19(金) 09:47:47|
  2. [蝶] [シジミチョウ科] ゴイシシジミ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

銀色の ウラギンシジミ

鳥見の途中で1休みしていたら左手に留まって汗を吸っていました
右手に留まったら撮影できませんでした ♂だと思います(04'9/4 デジカメで撮影)

hana007.jpg

こちらは♀です 普段なかなか留まってくれませんが
朝早く出かけたら ノンビリしていてくれました
低山から市街地まで見られます 前翅長19~27mm 少し大きめのシジミです

20050818193912.jpg

関東以西から西南諸島まで分布しているそうです
藤や葛で休んでいるのをよく見かけます ♀の表面は地味です

20050818194538.jpg

ノンビリしていたので後からも撮ってみました
5月から10月に見られるそうです 成蝶のまま越冬するそうです

20050818194831.jpg


8/16 (デジ眼) D70 シグマ 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
  1. 2005/08/18(木) 19:49:20|
  2. [蝶] [シジミチョウ科] ウラギンシジミ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

水中で産卵 ミヤマカワトンボ

かなり流れの速い細流で水中での産卵を見ることが出来ました
20分ぐらい潜っていましたが1時間位潜って産卵した記録があるそうです

20050817015143.jpg

体全体が薄く空気に包まれていて銀色に輝いて綺麗でした

20050817015725.jpg

産卵場所は大きめの岩の下で流れが緩やかな所でした
産卵しながら浅い所に近づいてきたのでほとんど真上からの撮影が出来ました
斜めの撮影では水面の揺らぎでハッキリ写りませんね

20050817020210.jpg

水面の揺らぎが影響してこんな写真が出来ました

20050817020443.jpg

産卵が終わって岩に上がってきた雌です 疲れているのでしょう
私がゆっくり近づいても逃げずに手入れに忙しそうでした

 20050817020857.jpg

♀のお相手の♂のようで この♂のいる岩の下で産卵しています
普段より近づいても逃げませんでした きっと♀を見守っていたのですね(~~)

20050817021226.jpg


05'8/15 (デジ眼) D70 シグマ 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
  1. 2005/08/17(水) 02:13:03|
  2. [蜻蛉] [カワトンボ科] ミヤマカワトンボ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

大きくて美しい オオムラサキ

クヌギの木の高い所で占有行動をしているのでデジスコでの撮影です
この体制で♂が近づくと飛び立って追い払います

20050816020757.jpg

胸の所に退化した足のようなのが見えます 4本足で生活しているので
太いですね

20050816021629.jpg

日陰だと綺麗な紫色が出にくいです

20050816021841.jpg

裏面の色合いは黄色と銀白色があって西に行くほど銀白色のタイプが多くなるそうです

20050816022340.jpg


05'8/6 (デジスコ) EDⅢ DS40W× F700
  1. 2005/08/16(火) 02:24:38|
  2. [蝶] [タテハチョウ科] オオムラサキ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

気が付くのが遅かった クロコノマチョウ♀

撮っている時はヒカゲチョウだと思っていたのでISOも上げずにSS1/30位で撮影してしまいました
PCで見て初めてクロコノマチョウだと気が付きました (ノ_・、)シクシク

20050816014908.jpg

千葉県以西から九州まで生息していて夏型と秋型があって
9月~10月に増えてくるそうです 似た種類にウスイロクロコノマチョウが居るそうです
前翅長32~45mm ♂は黒褐色 ♀は褐色 この個体は♀のようです

20050816015445.jpg


05'8/15 (デジ眼)D70 シグマ 70-300mm F4-5.6 DG MACRO [気が付くのが遅かった クロコノマチョウ♀]の続きを読む
  1. 2005/08/16(火) 01:55:33|
  2. [蝶] [ジャノメチョウ科] クロコノマチョウ
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2

飛翔 アオスジアゲハ

普段 食事中も翅を休めることなく動かしていてせわしない蝶です
高めの花の咲いた樹木の周りをゆっくり飛んでいたので撮影できました(~~)

20050815110406.jpg

飛んでいる時は触覚を前に延ばしているようです

20050815110548.jpg

顔だけ見ると宇宙人のようですね

20050815110721.jpg


05'7/18 (デジ眼) EOS Kiss デジタルN APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
  1. 2005/08/15(月) 11:08:05|
  2. [蝶] [アゲハチョウ科] アオスジアゲハ飛翔
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

よく調べたら ナガサキアゲハ♂

裏面基部の赤い模様が特徴ですが 最初は穴でも開いていて花のアカが見えるのかと思っていました
近畿地方以西~南西諸島に分布とされていますが横浜市でも撮影されています

20050814132129.jpg

♂♀で色合いが違い雌の方が白い斑も鮮やかで綺麗です 前翅長60~80mm
尾状突起がないのも特徴の1つだそうで 5月~9月に見られるそうです

20050814132721.jpg

ブレ写真ですが 後翅表面に青い模様が見られます

20050814132952.jpg


05'7/16(デジ眼) EOS Kiss デジタルN APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO  
  1. 2005/08/14(日) 13:50:36|
  2. [蝶] [アゲハチョウ科] ナガサキアゲハ♂
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

目の前に現れた タマムシ

7月から2度飛んでいる所を見かけたのですが留まったはずの木で見失っていました
今回は目の前でホバリングしてくれ 撮影しやすい場所に留まってくれました

20050813092142.jpg

ヤマトタマムシとも言われていて7月~8月に見られるそうです
タマムシの仲間は203種類ぐらい居るそうです 大きさは25mmから42m

20050813090911.jpg

小学生の時以来の観察でした ♂は複眼が大きいそうです 

20050813091433.jpg

お腹でも♂♀が判るそうです ♂はお腹のお尻側が段になっていて
♀は丸いそうです

20050813091742.jpg


05'8/6 (デジ眼) EOS Kiss デジタルN APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
  1. 2005/08/13(土) 09:20:14|
  2. [甲虫目] [タマムシ科] タマムシ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

飛んでいる時が綺麗 カラスアゲハ

光の当たり具合で色合いが変化するので飛翔している時が一番綺麗だと思います

20050812005436.jpg

飛んでいる時に黒い裏翅から鮮やかなメタリック模様が現れると綺麗です

20050812005903.jpg

ピントが合っていませんが 休んでいる時には出ない色合いだと思います

20050812010049.jpg

20050812010307.jpg

協力してくれた2頭のカラスアゲハです
同じカラスアゲハでも表面の色合いが違いますね

20050812010625.jpg


05'7/28 (デジ眼) EOS Kiss デジタルN APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
  1. 2005/08/12(金) 01:08:05|
  2. [蝶] [アゲハチョウ科] カラスアゲハ飛翔
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2

低山にいました ミヤマカラスアゲハ

ミヤマカラスアゲハの特徴の後翅裏面の白い斑が僅かですが確認できました
北海道から九州に分布していてカラスアゲハとは近いようで遠い種類だそうです(交雑がないそうです)

20050812002056.jpg

右がミヤマカラスアゲハ 左がカラスアゲハです 前翅裏面の白帯の違いが判ります
ミヤマカラスアゲハは細長く外縁に沿っています カラスアゲハ逆三角形です(九州、沖縄産は例外があるそうです) 前翅長38mm~75mm

20050812002757.jpg

光の当たり方で青く見えたり緑に見えたりしますがほぼ同じ角度で撮ってみました
比べてみると前翅裏面の白線の違いが判りますね
春型は4月~5月 夏型は7月~8月に見られるそうです

20050812003938.jpg

3頭で仲良く吸水していました オナガアゲハが一緒に吸水しているのは初めて見ました
ミヤマ(深山)カラスアゲハはカラスアゲハより一際メタリックだそうです
奥がミヤマカラスアゲハです

20050812004344.jpg

上の蝶達よりもっと高い所で出会ったカラスアゲハです(カラスアゲハ飛翔のモデルです)
前翅裏面の白線の出方も違いがかなりありますね

20050812011438.jpg


05'7/28 (デジ眼) EOS Kiss デジタルN APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
  1. 2005/08/12(金) 00:47:33|
  2. [蝶] [アゲハチョウ科] ミヤマカラスアゲハ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

おなじみの クロアゲハ

オシロイバナでも吸蜜していました 前翅長45mm~70mm
東北地方以南~南西諸島に分布していて本州では4月~9月に発生するそうです

20050811182948.jpg

ノウゼンカズラで吸蜜中です 2頭ともクロアゲハです

20050811184007.jpg

奥が♀で手前が♂です ♂は後翅表面に白い白斑があり飛んでいる時に横線状に見えます

20050811184351.jpg

飛び立つ所を狙ってみました
 
20050811184620.jpg


05'7/12,17 (デジ眼) EOS Kiss デジタルN APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
  1. 2005/08/11(木) 18:47:00|
  2. [蝶] [アゲハチョウ科] クロアゲハ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

♂♀で色合いが違う モンキチョウ

北海道から南西諸島までほぼ日本全土に分布しているそうです
♂は黄色 ♀は黄色と白色があります

20050811181127.jpg

こちらは♀です 黄色型の♀は♂と区別するのは難しいそうです
本州では3月~11月に見られるようです 前翅長22mm~33mm

20050811181446.jpg

前翅表側に黒斑 後翅表に赤色色斑が有ります

20050811181916.jpg

食事中はノンビリしているので撮りやすいです

20050811182128.jpg

05'7/17 (デジ眼) EOS Kiss デジタルN APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
  1. 2005/08/11(木) 18:22:15|
  2. [蝶] [シロチョウ科] モンキチョウ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヒョウモンチョウに見えない メスグロヒョウモン♀

最初見た時はイチモンジチョウの仲間かと思いました
♂は普通のオレンジ地のヒョウモン柄ですが♀は色合いが違います

20050810101057.jpg

北海道から九州まで見られ 年1回6月初めの発生だそうです
前翅長30mm~40mm 夏期には山地、寒冷地以外は姿を消すようです

20050810101758.jpg

日の当たり方によって緑の部分が鈍く輝きます

20050810102334.jpg


05'8/8 (デジ眼) D70 シグマ 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
  1. 2005/08/10(水) 10:24:19|
  2. [蝶] [タテハチョウ科] メスグロヒョウモン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

黄色で目立つ キチョウ

本州~九州まで分布していてほぼ1年中見られるそうです
吸水中のキアゲハに会えました 前翅長18mm~27mm

20050810092323.jpg

キチョウも留まっている時は翅を滅多に開いてくれません

20050810093655.jpg

仲良く並んで吸水中です 

20050810093926.jpg


05'8/8 (デジ眼) D70 シグマ 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
  1. 2005/08/10(水) 09:45:09|
  2. [蝶] [シロチョウ科] キチョウ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

吸汁ちゅうの ゴマダラチョウ

散歩道の数本しかないクヌギで樹液を吸汁していました
北海道(1部)から九州まで生息しているそうです

20050809101104.jpg

暖地では5月~9月に見られ♀は♂より黒褐色部が淡いようです

20050809101454.jpg

翅の表側を見ることが出来ました 前翅長35mm~50mm
オオムラサキと同じ木で吸汁している個体も確認できました

20050809101915.jpg

食事に夢中で近づいても 知らん顔なので大きく撮れました
この場所で2度撮影しています
2度目にあった時は翅がかなり痛んでいました

 20050809102118.jpg


05'8/2 (デジ眼) EOS Kiss デジタルN APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
  1. 2005/08/09(火) 10:26:24|
  2. [蝶] [タテハチョウ科] ゴマダラチョウ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

良く見れるそうです ミドリヒョウモン

北海道から九州まで普通に見られるそうです暖地では5月下旬から羽化して
6月頃まで見られ 山地では7月~8月に見られるそうです
逆光なので後翅裏面の黄緑色が見えませんが3本の太い白帯の縦すじが見れます

20050809022858.jpg

前翅表面の妻の部分に白い点があるのが♀です 前翅長31mm~40mm

20050809024223.jpg


05'8/5 (デジ眼) EOS Kiss デジタルN APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
  1. 2005/08/09(火) 02:43:35|
  2. [蝶] [タテハチョウ科] ミドリヒョウモン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おなじみの モンシロチョウ

交尾中のカップルです 左側が♂です
似た種類にスジグロシロチョウがいます 前翅長20mm~30mm

20050809195817.jpg

表面で同定が出来るのですがモンシロチョウは食事中でも翅を開いてくれないので
前翅表面にツマの部分に1つと前翅に2つの黒紋があり後翅にも1つの黒紋があります

20050809202531.jpg

日本全土に分布していて本州中部では3月中旬から6~7回発生するそうです

20050809203036.jpg

平地に多く高山帯にも生息していますが山地ではスジグロシロチョウの方が多いです

20050809203607.jpg


05'7/8,12 (デジ眼) EOS Kiss デジタルN APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
  1. 2005/08/08(月) 19:46:08|
  2. [蝶] [シロチョウ科] モンシロチョウ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

少し疑問も残りますが ヤマキマダラヒカゲ

サトキマダラヒカゲと同じ山にいました オオムラサキの居る低山です
ヤマキマダラヒカゲの特徴は出ているのですが少し気になります

20050807130759.jpg

少し高い山にいるというので疑問も残るのですがここは800m位の低山ですが
杉が少ない雑木林で蝶の種類も多い様です

20050807131905.jpg

同じ蝶を撮ったのですが露出が違うと色合いまで変わってしまいます
上の写真の方が実物に近いかも

20050807131429.jpg


05'8/6 (デジ眼) EOS Kiss デジタルN APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
  1. 2005/08/07(日) 13:20:34|
  2. [蝶] [ジャノメチョウ科] ヤマキマダラヒカゲ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

kente

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
07 | 2005/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -